スマホアプリでデータ管理すると、収支の分析もグラフ化されて分かりやすいです。

MENU

家計簿のつけ方

 

家計簿の付け方は様々な方法があり、こうしければいけないといったルールはないので、任意の方法で対応してみてください。
これから始める方は、最初からガチガチなルールにせずに、まずは簡単に継続して続けられることからやるのが大切です。

 

家計簿のつけ方

 

貯金が貯まる秘訣の家計簿

家計簿の付け方は、対象範囲をどこまでにするかが焦点になります。
総収入や自動引き落としなどの支出までやるのか?財布の中のお金の管理だけにするのかなどを決めましょう。

 

まずは、気軽に財布から現金決済するお金の管理から始めてもいいでしょう。カードを多様する方は、財布の現金+カード決済の履歴までは見ておくといいでしょう。

 

クレジットカードの場合、毎月利用明細が発行され、WEBから直近の決済履歴も確認できます。
しかし、カードを使った内容やカードのWEBサービスによっては、決済履歴が反映されるまで数日のタイムラグがあり、管理が疎かになりがちです。
現金支出とカード支出を合計して計算することで、より効率的にお金の管理ができるようになります。

 

カードの利用明細が発行されたら、なるべく早く家計簿を付けるようにしましょう。

 

収入に関しては家計簿に記載しない方法でも問題はありません。
毎月使ったお金の合計を出して、なおかつ詳細をフィードバックにしておくようにするだけで家計簿を付けるメリットが出てきます。

 

家計簿を付ける支出の合計で目標予算を設定したり、月々の比較をするとよいでしょう。
最初は無理な目標や予算を立てずに、普段通りお金を使って、支出合計や何にいくらくらい使っているか数字に出す事から始めてもいいでしょう。

 

細かい買い物まで家計簿を付ける事に負担を感じるのであれば、毎日財布の中に入っているお金だけ数えて記入して1日にいくらずつ使っているのかを記録するだけでもいいです。
何もしないよりも、どんな方法でもいいから家計簿をつけてお金の管理を見直す行動そのものに、大きな価値があります。

 

 

家計簿を付ける方法

 

代表的な手法は次のものがあります。

 

  • 自由帳など無地のノートに独自の表を作って記入していく
  • 手書き家計簿ノート(フォーマットができているノート)を購入する
  • 普段使っている手帳を家計簿兼用にする
  • スマホアプリを使う
  • PCソフトを使う

 

 

この中で最近流行しているのがスマホアプリです。
便利でゲーム感覚で始められるものなど多彩なアプリがあります。無料アプリも多く、データ管理すると収支の分析もグラフ化されて分かりやすいメリットがあります。

 

⇒おすすめの【Andoroid版家計簿アプリ】
⇒おすすめの【iPhone版家計簿アプリ】

 

アプリやPCソフトなどグラフ化できる方法もいいですが、家計簿はグラフ化などだけではなく、お金に対する意識を変える事も目的になります。
手書きの家計簿を使った方が、お金の意識が変わりやすい特性もあります。