貯金は金額と何の為に貯金をするかを決めるとモチベーションを保つことが出来ます。

MENU

貯金の目標の決め方

考える女性

貯金を達成させる為には目標を定めておく事が大切です。しかし、目標を定めていても貯金に挫折してしまう事もありますよね。

 

それは目標の立て方に問題があるのかもしれません。
では貯金の目標はどのように決めればよいのでしょうか?

 

 

小さな額を目標にする

今まで貯金がきちんとできなかった人が、例えば「200万円貯める!」と決めても金額が達成する前に貯金を挫折してしまう事がほとんどです。
挫折してしまう理由は「貯まるまでに時間がかかること」で、要するに途中で面倒になってしまうわけですね。

 

そのため、最初は10万円程度の金額を目標に貯め始めてみてはいかがでしょうか?
もしもきちんと貯まってそのときに使うつもりが無ければ、一度通帳にその金額を移したり、更に大きな貯金箱を購入してそこに足していく感じで少しずつ目標額を上げていく感じでもいいかもしれません。

 

金額ではなく目標を定める

貯金をしようとするときには多くの人が金額を決めてしまいがちです。しかし、金額だけ定めてしまうよりも「何の為に貯金をするか」を決めておいたほうが貯金のモチベーションを保つ事が出来ます。
例えば車を買いたい、とか、旅行に行きたい、など具体的な目標を決めるようにしましょう。

 

金額はある程度余裕のある程度にしておくと目標を実際に達成しやすくなります。
例えば旅行に行くときには旅費以外にもお土産や食費などの雑費がかかりますよね。それも貯金でまかなえるくらいの金額を定めておくとよいでしょう。

 

貯金の期間を決める

まず毎月どのくらいの貯金が出来るのかを家計と相談してみましょう。
その上で、毎月無理なくどのくらいの金額を貯金できるのか、だからこのくらいの期間で目標金額を貯める事が出来る、と計算ができるかと思います。

 

いくら目標をきちんと定めていたとしても期間を決めずにダラダラと貯金をしようとすると、モチベーションも保てませんしなかなかお金を貯められません。
まずは「貯金をする」という癖をつけられることが大切なのです。

 

毎月貯金する金額を定める

給料が入ったときに今月は何にいくら使うか、という大まかな家計が決まっていますよね。ということは、どのくらいのお金が浮くのかも大まかにはわかっていることにもなります。
その中からいくら貯金をするのか、をあらかじめ決めておきましょう。そしてその分を普段使用しているのとは違う通帳に移しておくのです。

 

貯金の目標とは若干異なりますが、いくらを貯めておいて絶対に使わない、と決めて引き落としをしない口座に移す事で強制的に貯金をする事が出来ます。口座を作るときにあえてキャッシュカードを作らないのもいいかもしれませんね。