物欲が高い人は衝動買いが多いので、一度冷静に考え直す時間を作りましょう。

MENU

お金が貯まらない人の特徴

 

お金が貯まらない人は、自分は収入が少ないからなどと言い訳する方が多いです。
確かに貯金と収入の関係は比例します。しかし所得が少なくて貯金ゼロの人は収入が増えても一切貯金を作れないものです。
お金が貯められない人は収入や環境の問題ではなく、性格や価値観、管理能力に根本的な原因があります。
お金を貯められない人の特徴や原因、典型的な事例ついてまとめました。

 

お金が貯まらない人の特徴と原因

 

物欲が高い

 

物欲の高い女性

短期的にお金を貯めることができても、結果的にすぐに使ってしまう典型的な事例です。

 

車やバイクの車体や改造、ブランド品、アイドルグッズやその他コレクションの収集癖がある方は特に注意が必要です。
こうした物欲が高い方は、日々の節約はできても、まとまったお金を手に入れると何かの弾みで使ってしまうケースが多いです。

 

また、一度節約して貯金していたルールが崩れると防波堤が崩れたかのように使い込んでしまうことが多いです。
物欲が高いのは人の価値観によるもので、簡単に根本を直すことは難しいです。
もし節約して貯金しているのに、大きい買い物をしたいと思ったら、その瞬間から1ヶ月ほどの時間を置くルールを作ると効果的です。

 

もちろんその間もいつもどおり貯金できるように生活して、1ヶ月後にどうしても欲しいもしくは必要と感じたら購入しましょう。
物欲が高く貯金ができない人は衝動買いをすることが多いです。

 

一度冷静に考え直す時間を作る事で、無駄な浪費を抑えられるかもしれません。

 

 

なにかの依存症

代表事例ではアルコール依存症、ギャンブル依存症、衝動買い依存症、美容依存症などがあります。
こうした依存症は抑制しようとする気持ちだけでは絶対に克服できません。
なにかの依存症でお金を使い込んでしまう場合は、ほかの趣味や休日の過ごし方を見つけることが効果的です。

スポーツジムに行って、レッスンプログラムを受けたり、休日にたまにバイトでダブルワークするなど予定を詰め込むといいでしょう。
依存症でお金を使いこむ原因は休日に1人で過ごす時間が多く、何かやらないと満たされないという欲求からくる事が多いです。

 

 

時間にルーズ

お金にだらしない人は、何をしてもだらしない事が多いです。

 

顕著に現れるのが時間がルーズになる事です。
朝は弱く、夜は決まった時間に寝ない。友達との約束は待ち合わせ時間ギリギリか少し遅れていくなど、ちょっとしたルールを守れない人は、お金の管理で決めたルールもすぐに破ってしまいます。

お金にも時間にもルーズだと自覚している人は、お金の管理だけではなく時間やその他だらしなくなっている事全体を見直してみると良いでしょう。

時間を有効活用にできるようになると、お金も管理して効率的に使えるようになるものです。

 

誰でもできる貯金法は色々な種類があるので、自分に合う貯金法を見つけることが貯金への第一歩です。