貯金用の口座を作って、 給料が入ったらその口座に貯蓄用の金額を入金しましょう。

MENU

貯金の際に心がけること

お金を貯めたいのに貯められない、とか、給料が低くてお金が貯められない、という人は多いのではないでしょうか?
しかし、収入を増やすというのは簡単ではありませんよね、お金を貯めるには節約とお金を貯める為の習慣をつけておく事が大切です。
では、お金を貯める為に心掛ける事にはどのようなことがあるのでしょうか?

 

目標を立てる

お金が貯められない人の多くは「お金を何の為に貯めるか」という目標が立っておらず、なんとなく「お金を貯めたい」と思っている人がほとんどです。
お金を貯めるのには「根気」が必要です。根気を長続きさせる為には「目標」を立てておくことが大切になります。
「何のためにどのくらいのお金を貯めるべきか」という事に向かってお金を貯めようとすると、根気を長続きさせる事が出来るのです。

 

また、お金をいつまでに貯める、という期間を定めておく事も大事です。期間を決めるときには、目標額に達成するにはどのくらいの期間があれば貯金額に達成できるかを決めるとよいでしょう。

 

毎月の収支を確認する

家計簿をつける女性

毎月何にいくらぐらいのお金を使っているか理解していますか?
例えば食費や光熱費などの必要経費にいくらかかっているのか、自由に使っているお金はいくらなのかなどです。
毎月の収支をきちんと理解していないとどのくらいのお金を貯められるのかもわかりませんし、余計にお金を使ってしまい、気が付いたらお金が無い・・・、なんてことにもなりかねません。

 

きちんと把握していない人は一度家計簿をつけてみて毎月の収支をきちんと確認しておきましょう。

 

節約できるものを考える

例えば毎日どこかにランチを食べに行っているのであれば、それをお弁当にすることでランチ代を浮かせる事が出来ますし、水筒を持っていけば飲み物代をその分浮かせる事が出来ます。

 

その他にもまだ使えるのに捨ててしまっているもの、すぐに必要があるわけではないのになんとなく買ってしまったものなど思い当たるものはたくさんあるのではないでしょうか?
お金を貯める為には節約を心掛ける事も大切です。

 

しかし、あまり無理をしてしまうとストレスになってしまうので、自分のできる範囲の節約を心掛けるようにしましょう。

 

収入後にすぐに貯金をする

さて、毎月の収支を確認する事が出来たのなら、毎月貯金する事が出来る金額というのも見えてきたのではないでしょうか?
そうしたらその金額を収入が入ったらすぐに貯金をしてしまいましょう。

 

普段使っている口座に残したままだとそのままお金を使ってしまうことになってしまう可能性が高いので、貯金用の口座を作ってそこに自分で決めた金額を移すようにしましょう。
口座を作るときにキャッシュカードを作らないようにすれば安易に引き落としてしまうこともありません。